« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

黄な粉にあんこスコーン

昨日お知らせしました、栗とポピーシードのスコーンが瞬く間に終売になってしまって急遽新作スコーンを作りました。Blog44_2  黄な粉にあんこスコーンです。

ちょっとマクロバイオティックっぽく、あまり膨らまない褐色のスコーンになりました。実際、健康志向スコーンって感じです。

黄な粉たっぷり、あんこ少しで、甘さかなり控えめです。トッピングは黒胡麻です。

一風変わったお味のスコーンかもしれません。

こういうくせのある生地には、メイプルシロップがとてもよく合いますね。ぜひお試しくださいませ。

このアイデアは、「あんこのスコーンなんてどうですか?」「おからのスコーンは作りませんか?」との声に(ちなみに、同じ方ですがもう忘れてるかな?)変形ですがお応えしてみました。

次は、国産チーズのお食事スコーンを写真付きアップできそうです。

ブログ店お先に閉店します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチクール・リスト

本日はプチクールと名づけた、ケエキとクッキーの中間のような焼き菓子のご紹介です。Blog51_2

プチクールはフランス語で「小さなハート」。バターと卵の力だけで膨らんでいます。(KONA-KONAのお菓子は、スコーンルクケエキ以外は皆・素材の力頼みなのですが・・・)

このお菓子は三温糖を控えめに使用しています。結構塩気を利かせているので生地はあっさり目です。

フィリングで味わいがかなり変化します。実は、幅広い層に気に入っていただける度NO1のお菓子です。手土産には真っ先にお勧めしています。

ちなみに開店当初はプレーンココア生地なども作っていましたが、フィリング有りの人気に出番無しとなりました。

フィリングは20種ほどバリエーションがありますが、通常は季節物を含めて8~10種位が店頭に並びます。

・チョコチップ・マロングラッセ・胡桃・ピーカンナッツ・ヘーゼルナッツ・マカダミアナッツ

・ラズベリー・こけもも・杏・オレンジ・mixフルーツ・ココナッツ・パイナップル

・胡麻とメイプル・柚子・桜・小倉

・ラム酒漬けのドライチエリー・プルーン・クランベリー・・・いちじくなどもいけそうですね。

プチクールのフィリングは思いつきで増えてしまうので、数字は「ほど」としました。

今週は久々にプレーンの予約をいただいて作ることになりました。

今週のスコーンです。栗とポピーシードのスイートスコーン(今回で最後になりそうです)お食事スコーンはチーズとハムとハーブのmixスコーンです

ブログ店閉店します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートブレッド・リスト

秋らしい陽気が気持ち良いですね。

少し冷え込みを体感する頃になると、ショートブレッドに人気が集まります。

温かいお茶を飲みたくなるからでしょうか。何より良質のバターは体が温まるような気がしますね。

ショートブレッドはクッキーの原型とも言われるように、粉、バター、砂糖、塩だけの素朴な焼き菓子です。KONA-KONA開店当初は粉のかたまり!なんて説明してお客様を爆笑させていたのを思い出します。(それが、お菓子の説明か?って感じで)

Blog43 写真は古いですが(2005年5月)、この頃は常時15種類揃えていました。ちなみに最初はプレーンとココアの2種だけでした。 

その後 トッピング付きなど増えて今は20種類ほどになりましたが、陳列場所の関係で、現在は8~12種を季節などで多少入れ替わりながら並びます。

お菓子の箇条書きをというご要望も頂いていますので、少しずつブログにリストのようにアップして行こうと思います。

プレーン=基本形で原材料は愛知産小麦粉、よつば発酵バター、奄美産のきび砂糖、ゲランドの塩のみ。

黒糖=きび砂糖を沖縄黒糖に替えます。カリッとした食感は沖縄黒糖効果かと。

甜菜糖=北海道産甜菜糖、一番しっとりした食感ですが、今は出番少ないです。

メイプルシロップ=メイプルシロップ100パーセントなので、お砂糖嫌いにお勧めです。

全粒粉=北海道産全粒小麦にふすまも足してざくざく度を増してます。

コーンミール=アメリカ産オーガニックコーンミールでザクザク系。地味な原価高№1。

胡麻=粉の一部にすり胡麻、アクセントにいり胡麻。最近はお正月から春まで位登場。

黄な粉=粉の代わりに黄な粉、しっとりしてます。登場時期は胡麻と一緒です。

アールグレイココアシナモン生姜2倍ジンジャー=この4種はフレーバー違いになります。

コーヒー緑茶=この2種は材料入手の関係で殆ど登場機会なしです。

◎ここからはスペシャルトッピングものです。

オランジェ=プレーン生地にオレンジピール。

メイプルナッツ=メイプル生地にくるみとカシューナッツ。

チョココア=ココア生地にチョコチップ。

◎最後は・デコレという丸型でクリスマスやバレンタインやホワイトデーなどに登場します。

プレーン生地ココア生地にオレンジピールやチョコチップで絵を描きます。

結構長くなりました。「お菓子の箇条書き」まだ、工夫が必要ですね。最後までありがとうございました。

今週のスイートスコーンは、栗とポピーシードです。お食事スコーンはチーズとドライトマトです。

ブログ店閉店します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラメルコニャックケエキ

すっかり、秋深しになってきた今日この頃ですね。

午後から文京区あたりの空は薄暗くて淋しいほど・・・。

お陰でお菓子も秋冬物が色々作れるようになりました。

Blog243写真は暑い時季お休みしていたキャラメルコニャックケエキみ入りです。

自家製キャラメルクリームは奄美諸島産のきび砂糖とよつば乳業さんの北海道純生クリームだけで作ります。

タイミング勝負のキャラメル作りはお店の入り口に鍵をかけたりして集中します。(思い入れたっぷり~)出来上がりの味見がこの上なく幸せな瞬間!!!

このキャラメルをたっぷり生地に配合します。そしてコニャックを焼く前にも後にも使います。コニャックとキャラメルとの相性が抜群です。日を追うごとにまろやかで優しい味わいになって行きます。

これはKONA-KONAのパウンドケエキの全種類にいえる特徴でもあります。

写真はクルミ入ですが、生地だけのプレーンと2種類作っています。

クルミが入るとクルミにもキャラメルとコニャックがしみて行くのでクルミ自体が良い味になります。生地の甘味が緩和されるので、より大人味かもしれません。断面写真を忘れましたがクルミは生地量の10%強入っています。

今週のスイートスコーンは、栗とポピーシードです。お食事スコーンはチーズとドライトマトです。

ブログ店閉店します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栗粉の栗ケエキ

栗粉は、イタリア特産の生栗のパウダーです(ファリーナ・ディ・カスターニェ)。イタリアのピエモンテ地方で収穫された栗を粉末に加工したものです。今時はマロンパウダーと言った方がイメージわきそうですね。

粉の味見をすると栗の味と香りがそのままで、ほのかに甘味もえぐ味もあります。

以前、この粉を使った天然酵母パンを食べましたがあまり膨らまずどっしりした噛みしめ系のパンでした。重い粉ですね。ライ麦パンに似た感じかな。Blog42

KONAーKONAの栗粉の栗ケエキもベーキングパウダーやベーキングソーダは使わず、栗粉も栗も栗のシロップも重いのであまり膨らんでませんが、栗味はたっぷりです。表面に散らしたポピーシード(けしの実)のせいか、和っぽいと言う方も・・・。

今週のスコーンは、これも和テイストな栗とポピーシードのスイートスコーンです。

お食事スコーンも復活してチーズとドライトマトのスコーンです、チーズを入れた焼きたてスコーンはひときわふわふわですね。

ブログ店閉店します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚

今日から10月ですね。暑い日も寒い日も長続きしてくれないのでこまってしまいます。

毎日、文京区周辺のお天気をチェックしては、もう栗かなあ?ゼリーいけるかなあ?と思う毎日です。

でもとりあえずブラウニーは復活します。Blog41

で、やっぱり秋の味覚の栗ものは今週のスコーンから始めます。

栗とポピーシードのスイートスコーンです。

ちょっと和っぽいスコーンです。この時期だけなので栗好きのかたはどうぞお試しください。

追々、栗粉の栗ケエキを作る予定です。よろしくお願いします。

ブログ店閉店します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »